あつい瞼を解消するために東京で受けた上眼瞼脱脂術

ダウンタイムが少なかったので安心

あつい瞼が大きなコンプレックス使用したのは局所麻酔ダウンタイムが少なかったので安心

夏休みを利用して受けましたが、ダウンタイムが少なかったので安心しました。
腫れている期間が長いと、やはり職場で施術を受けたことを知られてしまって噂になるのが怖かったので、ダウンタイムが少ないことは絶対条件として挙げていました。
腫れはすぐに引いてきて、よく見ないと気付かないレベルになります。
当初は二重をくっきり見せるための施術を追加で行うかを検討していましたが、上眼瞼脱脂術を行っただけでかなりはっきりとしたラインが出ましたので、これ以上の処置は必要ないだろうということで受けませんでした。
瞼の脂肪が二重のラインを薄くしていたようで、脂肪を取り除くだけで理想の目元を作ることができました。
同じように二重の線は入っているのに脂肪によって瞼があつくなって腫れぼったい印象を与えている人がいたら、この方法がお勧めです。
他の施術を組み合わせる必要が無い可能性が高く、その分費用も抑えることができます。
両目とも受けたのですが、左目と右目とでは元々脂肪の量が違っていて、目の大きさにも差がありました。
しかし、この施術を受けた後は取り除く脂肪の量を上手に調節してもらえましたので、左右のバランスが良くなって大満足です。
目元がスッキリするとメイクも楽しくなり、今は色々なアイメイクに挑戦しています。
div style='clear: both;'>

目を大きくする整形まとめ🔻

二重整形→埋没法、全切開、部分切開
蒙古襞を解消する→目頭切開法(Z法、W法、三日月切開)
横幅を広げる→目尻切開
垂れ目にする→グラマラスライン形成・靱帯移動
厚ぼったい瞼を解消する→眉下切開、ROOF切除
黒目の開きを良くする→眼瞼下垂#全切開 pic.twitter.com/xVXbYM5R1u

— 輪郭整形の名医相談窓口@エラ削り•頬骨縮小•顎セットバック •オトガイ形成•両顎手術•脂肪吸引の失敗 (@seikeida) September 7, 2021

東京で上眼瞼リフト : マイクロカット法(脱脂+埋没法)