あつい瞼を解消するために東京で受けた上眼瞼脱脂術

使用したのは局所麻酔

あつい瞼が大きなコンプレックス使用したのは局所麻酔ダウンタイムが少なかったので安心

麻酔を打ってから行うのですが、使用したのは局所麻酔です。
希望すれば静脈麻酔や笑気麻酔をしてくれることもありますが、局所麻酔で充分だろうと思いましたので、そのまま受けました。
麻酔をする時には少し痛みを感じますが、気になるほどではありません。
この工程によってその後の施術では全く刺激を感じなくなりますので、それを考えたら我慢できるレベルです。
施術中は特に痛みを感じることもなく快適です。
しかも、時間もあまりかかりませんので、想像していたよりも短時瞬間も全く分かりません。
何となく違和感を感じるレベルであり、脂肪を取り出している時も全く分かりませんでした。
術後は麻酔が切れてくるとやはり痛みがあります。
少し辛い時間もありましたが、痛み止めを処方されていましたので、それで乗り切りました。
痛み止めを飲むと本当に気にならなくなり、あまり辛いとは感じません。
数日が経過すると痛み止めを飲む必要もなくなり、腫れもすぐに引いてくるので仕事をしながらでも受けられます。