あつい瞼を解消するために東京で受けた上眼瞼脱脂術

あつい瞼が大きなコンプレックス

あつい瞼が大きなコンプレックス使用したのは局所麻酔ダウンタイムが少なかったので安心

あつい瞼が大きなコンプレックスになっていて、メイクをする時も常に瞼の見栄えを良くする方法を考えていました。
しかし、メイクで対処できることには限界がありますし、メイクを落とした時のギャップが心配です。
本格的に改善してすっぴんにも自信を持ちたいと考えて、クリニックでの施術を調べ始めたところ、候補として挙がってきたのが上眼瞼脱脂術です。
勤務地が東京だったので、東京の職場の近くで受けられるところを探していて、ちょうど評判の良いところが見つかりました。
上眼瞼脱脂術というと大掛かりな施術というイメージがありますが、話を聞いてみたらごく小さな穴を開けて脂肪を取り出すだけのようだったので、これなら怖がりな人でも受けられるのではないかと思いました。
瞼の脂肪はかなりついていて、恐らくこの施術を受ける人達の中でも酷いレベルです。
そのような人でも効果を得られるのかという部分を確認し、実際に受けることに決めました。
二重はうっすらと入っていましたが、埋没法も同時に勧められました。
そのセットを行う人はとても多いとのことで、一般的な内容のようです。
この部分は、実際に上眼瞼脱脂術を行った後にどの程度の変化が見られるのか、二重がくっきりと表れるのかを見てから判断することになり、まずは先に上眼瞼脱脂術を行うことになりました。